カプセルと果物
多様な薬と花
葉の上にあるピンクのカプセル

高血圧を放っておくと、色々な病気の引き金になる恐れがありますから注意が必要になってきます。
しかし、この高血圧の原因については、実は90パーセント以上は明確な原因がわからないといわれています。
ただし、生活習慣や遺伝的な要素が関係しているということはわかっているので、自分がどのような原因で高血圧になっているのかという原因を探ることは大事になってきます。
そこで、高血圧の原因としては、大きく一次性高血圧と二次性高血圧に分類することができます。
一次性の場合は、食塩のとりすぎや加齢によりなることが多いです。
また、ストレスや過労、運動不足、肥満などが関係しているといわれています。
さらに、中には遺伝的な原因で血圧が上がりやすくなっている人もいます。
二次性の場合は、腎臓病やホルモン以上など、高血圧になりやすい病気が背景にある場合を指します。
このようなケースでは病気が治れば、自然と血圧も正常に戻ることになるので、病気の改善が重要になってきます。
狭心症や不整脈などの病気で、心拍数が多くなると、血液が血管へと流され血圧が上がります。
高血圧を改善するには、心臓の働きすぎを抑え、血液の流れをゆっくりにし、心拍数を抑えることです。
その際は、アテノロールを使用して治療することが一般的でしょう。
アテノロールとはテノーミンという治療薬に含まれる成分です。
テノーミンの効果は血圧を下げ、心臓を休息させるというものです。
このように、血圧が高いという原因には色々な要素があるので、一次性のケースでは、原因が何か一つに絞ることはなかなか難しいということがいえます。
ですから、高血圧を改善させるためには、総合的に改善していくということが大事になってきます。
例えば、食事療法だけではなく、運動習慣を身につけたり、ストレスをためないようにしたり、場合によっては薬を服用したりといった方法が考えられます。
これらを組み合わせることによって、血圧を正常に保つことは可能です。
特に、親族に血圧が高い傾向が強い場合は、遺伝も関係しているのではないかと考えられるので、他の人よりも血圧に関しては意識していくことが重要になってくると考えられます。
食事などで改善できない方は血圧を下げるミカルディスなどを服用して改善していくとよろしいです。
ミカルディスはARBという種類の降圧薬で、ACE阻害薬にみられる咳の副作用が軽減された薬となっています。
また、ミカルディスは長期療法に適しており持続性もあるので1日1回の服用で効果があらわれます。
なるべく薬に頼らないためにも食事や運動などを取り入れて血圧を下げるようにましょう。