• ホーム
  • 世界保健機構と妊娠ガイドラインにおける高血圧症とは

世界保健機構と妊娠ガイドラインにおける高血圧症とは

2019年09月01日

病院、診療所等で医師、看護師により測定された血圧が140/90mmHg以上、家庭で測定した場合は135/85mmHg以上とした世界保健機構が定めた基準が高血圧の判断基準とされています。
高血圧は自覚症状があまりないのですが、頭痛やめまい、耳鳴りなどを頻繁に感じたり、足のしびれや動悸などを感じる場合は注意が必要です。
血圧を高めないためにも普段から、煙草を吸わないや適度な運動を心掛けたり、野菜を摂り入れたり、太り過ぎに気を付けることも重要です。
世界保健機構では、高血圧の症状があるなしに関わらず、1日の食塩摂取量を5g以下にすることを強く推奨しています。
しかし日本では漬物や梅干しなど食塩を使った食べ物が強く浸透しているので、世界保健機構で推奨している5gではなく、1日6g未満の摂取を高血圧と診断された人に対し推奨しています。
また妊娠すると普段より血圧が高くなる場合があります。
妊娠すると血圧が高くなる傾向にありますが、妊娠ガイドラインでも妊娠20週以降、分娩後12週までに血圧が140/90mmHg以上であったり、蛋白尿も伴う場合には妊娠高血圧症候群と診断されます。
妊婦さんが高血圧になると、赤ちゃんだけでなく母体となるお母さんにも色々な障害を起こすことが多いので、妊婦健診では必ず尿検査と血圧の検査を行います。
また妊娠高血圧症候群になりやすい人としては、高年齢、肥満、初産婦の人が挙げられます。
当てはまらないからといって、塩分の高い食事を摂ることには注意しましょう。
妊娠ガイドラインではこの様な妊婦さんと新生児の安全を確保するために様々な指標を定めています。
他にも移植患者に対しても妊娠ガイドラインを設けており、安心して子どもを産める環境を作る努力をしているのです。

関連記事
高血圧に効果がある食べ物と息苦しい症状

血圧とは、動脈血管の壁にかかる圧力のことですが、その圧が高くなると高血圧になり息苦しい症状の他、めまい、動悸、耳鳴り、吐き気、肩こりなど様々な体調不調を引き起こします。高血圧を放っておくと最悪の場合、命に関わることがありますので、自分の血圧の状態を日頃からチェックしておくことは大切です。高血圧は血管

2019年08月05日
高血圧は眼圧に影響も|人間ドッグ長岡グランドホテル編

高血圧は体の色んな部分に負担を与えますから、早期発見して治療に取り組むべき病気の一つです。人間ドックで検査を受ければ高血圧かどうかや、それに伴う病気を発症していないかなど調べてもらうことができます。長岡の病院でも、40歳以上になったら年に一度は人間ドックを受けるように推奨しています。診察から血圧測定

2019年07月17日
高血圧の定義とナイアシンの効果

高血圧は日本人でも割と多いのですが、自覚症状があまりないために放置してしまわれがちです。ところがこれによって後々動脈硬化や脳卒中、心臓などの恐ろしい病気が引き起こる可能性があります。収縮期血圧が140以上、拡張期血圧が90以上の場合に「高血圧」と定義されます。心臓が収縮することで大量の血液が送り出さ

2019年06月20日
高血圧学会が提唱する塩分摂取量とは

高血圧とは、生活習慣病のひとつにも指定されている状態のことです。収縮期血圧、いわゆる最高血圧が140mmHg以上、または拡張期血圧、いわゆる最低血圧が90mmHg以上に保たれた状態のことを言います。高血圧はそれそのものも恐ろしいのですが、高い確率で他の疾患の引き金にもなることが明らかになっている点で

2019年05月31日
高血圧の基本となる食事とは

自分でできる高血圧対策の一番最初に浮かんでくるのは、食生活の改善です。現在、各食品メーカーが減塩を謳った商品を多く販売しているのも、高血圧対策には食生活の改善が重要なポイントだからです。高血圧対策には減塩と言われるのは、塩分を摂りすぎることにより血液の量が増し、血管にかかる負担が大きくなるためです。

2019年05月18日