• ホーム
  • 高血圧の基本となる食事とは

高血圧の基本となる食事とは

2019年05月18日
黄色のスプーンと葉

自分でできる高血圧対策の一番最初に浮かんでくるのは、食生活の改善です。
現在、各食品メーカーが減塩を謳った商品を多く販売しているのも、高血圧対策には食生活の改善が重要なポイントだからです。
高血圧対策には減塩と言われるのは、塩分を摂りすぎることにより血液の量が増し、血管にかかる負担が大きくなるためです。
血管にかかる負担が標準よりも大きいものを高血圧と呼び、放置しておくと動脈硬化から脳卒中や心筋梗塞などの重大な病気を引き起こす可能性があるため、多くの人が高血圧を重大な病気として通院したり生活習慣の改善を目指しているのです。
日本人の食生活は、古来から醤油や味噌などの塩分が多く含まれたものを調味料としたり、漬物など塩分をたっぷり使ったものが基本です。
減塩のためにはしっかりと出汁をとり風味をきかせた調理法にしたり、レモンや酢など酸味を利用して薄めの味付けでもおいしく食べられる工夫をしたり、減塩の醤油や味噌を利用するのが良いでしょう。
また、体内の余分な塩分を排出することで降圧効果のあるペクチンを多く含んだ食材も積極的に摂取すると効果的です。
塩分だけではなく、コレステロールの多く含まれる食材を控えめにするのも重要です。
高血圧の人はコレステロール値も高めの人が多いというデータがあります。
コレステロールの多く含まれる食材を摂ることで動脈硬化が促進され血管が狭くなり、狭い血管に血液を送り出すためさらに血管への負担が大きくなってしまうという悪循環が起きます。
肉や乳製品などの飽和脂肪酸の多く含まれる食材もコレステロール同様に摂取を控え、サバやイワシなどの不飽和脂肪酸を含んだ食品を摂るようにします。
不飽和脂肪酸には血中のコレステロールを減らす働きがあるので、積極的に摂取したい食材です。

関連記事
世界保健機構と妊娠ガイドラインにおける高血圧症とは

病院、診療所等で医師、看護師により測定された血圧が140/90mmHg以上、家庭で測定した場合は135/85mmHg以上とした世界保健機構が定めた基準が高血圧の判断基準とされています。高血圧は自覚症状があまりないのですが、頭痛やめまい、耳鳴りなどを頻繁に感じたり、足のしびれや動悸などを感じる場合は注

2019年09月01日
高血圧に効果がある食べ物と息苦しい症状

血圧とは、動脈血管の壁にかかる圧力のことですが、その圧が高くなると高血圧になり息苦しい症状の他、めまい、動悸、耳鳴り、吐き気、肩こりなど様々な体調不調を引き起こします。高血圧を放っておくと最悪の場合、命に関わることがありますので、自分の血圧の状態を日頃からチェックしておくことは大切です。高血圧は血管

2019年08月05日
高血圧は眼圧に影響も|人間ドッグ長岡グランドホテル編

高血圧は体の色んな部分に負担を与えますから、早期発見して治療に取り組むべき病気の一つです。人間ドックで検査を受ければ高血圧かどうかや、それに伴う病気を発症していないかなど調べてもらうことができます。長岡の病院でも、40歳以上になったら年に一度は人間ドックを受けるように推奨しています。診察から血圧測定

2019年07月17日
高血圧の定義とナイアシンの効果

高血圧は日本人でも割と多いのですが、自覚症状があまりないために放置してしまわれがちです。ところがこれによって後々動脈硬化や脳卒中、心臓などの恐ろしい病気が引き起こる可能性があります。収縮期血圧が140以上、拡張期血圧が90以上の場合に「高血圧」と定義されます。心臓が収縮することで大量の血液が送り出さ

2019年06月20日
高血圧学会が提唱する塩分摂取量とは

高血圧とは、生活習慣病のひとつにも指定されている状態のことです。収縮期血圧、いわゆる最高血圧が140mmHg以上、または拡張期血圧、いわゆる最低血圧が90mmHg以上に保たれた状態のことを言います。高血圧はそれそのものも恐ろしいのですが、高い確率で他の疾患の引き金にもなることが明らかになっている点で

2019年05月31日